イナカグラシ

田舎で暮らす

2008年。
引っ越す前田舎で暮らすことに不安はありませんでした。

都会に不満はありませんでしたが、自分の暮らし方に不満がありました。

東京で働き7時〜終電の生活を月から土まで繰り返し、
満員電車に揺られ生きていくために働くことに縛られ街にいるのに遭難している。

そんな生活を変えようと思っていた時に祖父の他界があり、
自分の故郷と言える岡山県北の地、この場所への移住を家族に相談しました。

嫁さん二つ返事でOK承諾。同年10月トライアルから移住生活が始まりました。
文化の違いや地域性の違い様々な衝撃をありのまま書きます。

関連記事

TOP